フリーランスが仕事を受注するには?実は営業力で収入の差が出る理由

フリーランスとして活躍するには営業力が必要です。

技術や知識や経験そしてセンスが良くても営業が

つかめていなければ、

仕事がなく収入になりません。

そこで、フリーランスとして営業が必要な理由を紹介します。

フリーランスとして営業をするのに役立ててください。

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの

保障が受けられます。

 

フリーランスが、なぜ営業力が必要と問われるのか

やっと念願のフリーランスになった〜。
「バンザーイ!これで自由な働き方ができる!!」

と喜んでいてはいけません。

     なぬ!!

 

フリーランスは確かに場所・時間にとらわれず
魅力的な働き方ですが、フリーランスとして成功している

人はごく少数と言っていいでしょう。

なぜなら、自分の仕事は自分でとってこないといけません。

仕事を受注しないことには報酬もないので、

営業は避けて通れません。

 

スキルや自分が売る商品に自信があっても、
それを売り込む能力が無いとフリーランスとしては

やっていけません。

ほとんどのフリーランスはこの「営業」が苦手なのです。

まず、営業をみっちりとやった経験がないフリーランスが

多いのです。

営業が自分の苦手な分野であったりしても、

努力して営業力をつける必要があります。

やはり、依頼主が任せても大丈夫だと

思われるようにコミュニケーションや営業力が必要と
されています。

 

依頼主がフリーランスに求めるものとは

これは「行動力」につきると思います。

行動力=営業=即戦力=アイデア

要するに、依頼主はわからないところを

依頼しているわけです。

なので、依頼主と一緒になって悩んでも

依頼主からしてみれば、「なんでこの人に依頼したの

だろう・・・・」と思われます。

なので、依頼主を助けられる存在である必要があります。

正直依頼主も営業がうまいとはいえません。

だから、代わりに営業やアイデアや足りないところを

補ってくれる存在が必要なのです。

SNSや企業との交渉力や商品の売り方などの

アイデアがほしいのです。

もし、あなたが現在フリーランスで全然仕事が

ない状態だったとしたら、コミュニケーション能力が

足りないのかもしれません。

 

まずは、営業ができるようになることが最善策と言えます。

 

 

 

ただのフリーランスは消耗する、営業力で成功させよう

仮にフリーランスとしてのスキルが十分だったとしても

なかなか、仕事を獲得できないのはなぜ?って

思ったことないですか?

フリーランスになるために、エンジニアスクールに

行ったり、WEBデザインのスクールで様々なことを

学んできたけど、一向に仕事の獲得ができない

こんな悩みの多いフリーランスはたくさんいます。

やはり人対人なので、コミュニケーション能力は

見ますよね。

フリーランスとして活躍するには、

営業をして仕事を取ってくることが不可欠です。

 

この、営業やコミュニケーション能力が少し足りない人は

クラウドワークスやランサーズなどの

単価の安い仕事しかなく、消耗してしまうのです。

「これだったらバイトの方がいいんじゃないのか?」

「もう一度転職した方がいいのかな」

と不安がよぎります。

でも、フリーランスになることを決心しているのなら

少しずつでも営業を頑張ってみてください

まずは、小さなことでも成功体験を積むことが大事です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました