残業している人はバカです!いつまで会社のYesマンでいるの?

はじめまして クララです。

会社員生活からおさらばして もう3年経ちました。

毎日自由な時間ができ 

やりたいことや勉強や毎日充実した日々を過ごしています。

一番に嬉しいことはストレスがないこと ほんとこれにつきる!

人間関係や生活していれば大きなストレスがあるものです。


家族がいれば養っていけるだけの経済力があるのか

マンションや一軒家を購入したら一生働き続けないといけない

これは一番大きなストレスです。

生きていく上ではストレスはつきものですが、大きなストレスを持たないように

しましょう。  

とうとう大規模なリストラが始まってしまいましたね。

いつかは来るとは思っていたものの

 大手企業はもうお手上げ状態なのか・・・・

自分はリストラ対象と思っていなくても 実はリストラ対象かもしれませんよ。

ロリポップ!レンタルサーバー

残業しないと生活できない会社にいる必要はない

日本人は残業があたりまえの風潮が今も残っています。

私は海外で生活をしていたころ よく聞かれました。

「どうして日本人は残業をするのか」

海外では17時には全員帰宅します。

どの店も閉店 空いている店はほとんどない

海外から見れば日本人の働き方が不思議でならないようです。

確かに質問されて なんで人生の3分の1を会社に依存するのか

そもそも日本企業の給料の仕組みが悪いのでしょう

仮に給料が月25万円だったとしましょう。

月に25万貰える! と思ってしまってはダメ

25万から税金などが引かれるので 手元に残るのは20万ぐらいでしょう。

そうなると家賃が8万円だったとすると さあ自分が使える金額はいくらか

光熱費やカードローンなどの支払いがあれば

ほぼ手元には残らない 貯金さえできない

だから日本人は残業して 少しでも小遣い稼ぎをする。

という悪循環になってしまう・・・ 後に心の余裕がなくなり

病にかかってしまう

残業という依存から抜け出そう

毎日残業していると 残業が当たり前となってしまう。

定時に帰ると 何故か心が落ち着かない・・・・  仕事しないと

という気持ちになってしまう

これは残業に依存している証拠です。 

今どの企業も残業をさせないようにしている

今まで残業で生活が成り立っていた人にしてみれば 心のよりどころがない

定時に帰ってもすることがない  というか内心「小遣い稼ぎをさせてくれ」

といった心境が正直なところでしょう。

ただ 会社はOKは出さないでしょう

cafeなどでサービス残業していても 自分の小遣い稼ぎにはならない

余計に悪循環・・・

残業ができなくなった今 じゃあどうやって生活をしていけばいいのか

また一つ大きなストレスが生まれてしまった状態

これは 長年会社に依存してきた人の悲鳴でしょう

これから先給料が上がるとは思えない もしくはいつかリストラと言われるかもしれない

そのためにも 少しでも残業して小遣いや貯金をしたいけど

会社がさせてくれない ではどうやって自分の資産を増やせばいいのか

だったら もう会社をあてにしないという生活にシフトするしかないです。

残業していた時間を自分の楽しみの時間に使おう

え??  という疑問がわくでしょう

会社が残業させてくれない 定時で帰らないといけない

今まで残業していた時間を持て余してしまう・・・・

家にも帰りづらい・・・ どこに自分の居場所があるのだろうか

そう思っている人は多いでしょう

だったら仲間と居酒屋でも行って飲んで楽しく過ごしたいと思っていても

経済的余裕がないから 使えるお金がない できたら持て余している時間を

小遣い稼ぎにしたいと思っている人多いでしょう

今時間を持て余しているのなら 自分の楽しみの時間に使ってみてはいかがでしょう

自分の楽しみな時間が一番心が安定します。

楽しみな時間があるから 仕事も効率よくこなせていけるという結果がでているほど

メリットがあると言われています。

時間があったら副業したい・・・バイトしたい と思うかもしれませんが

仕事に依存していると生産性は生まれません。

体力も心もボロボロになってしまいます。

長年仕事に依存してきた人には 今自分の楽しみの時間に費やしてみてください。

【スティーブ・ジョブズの名言】

「もし今日が人生最後の日だったら、今日やることは本当にしたいことなのか?」
この問いに「NO」が何日も続くのなら、なにかを変えなくてはならない。

自分に問いただしてみて 仕事に依存している人

リセットする時間を持つことはとても大切です。

ページが見つかりません。 - Give-NOTE
日々の出来事のなかで疑問や些細なことでも情報をお伝えできるツールになればと思ってます。

コメント

  1. Thanks for the article post.Really thank you! Great.cialis buy cialis online

タイトルとURLをコピーしました